HOME > 成形機事業部 > 研究開発展望
研究開発展望
【熱交換器チューブミルの生産性向上】
熱交換器チューブミル

1000 カット/min 切断装置の開発により 200m/min 以上の生産に成功しました。
さらにチューブ自動整列装置との組み合わせにより後処理工程の省力化も可能です。

【 マイクロチューブミルのレーザー溶接 】
極小径管の溶接品質と速度向上を追求するため、TIG 溶接からプラズマ溶接そしてレーザ 溶接へと、
常に最新のテクノロジーを応用した技術開発に取り組んでいます。


【アキュームレーター】
Accumulator

タワールーパー、ケージルーパーに加えて、形鋼成形機にもチューブミルにも使用できる 縦型ルーパーと
横型ルーパーの開発に成功しました。開発済みのシャーウェルダーとの組み合わせにより連続生産が可能です。

【形鋼成形機】
プリパンチ、走間複合加工、拡縮自在成形、ベンディング加工はもちろん、成形途中に溶 接過程が入る溶接成形機、
圧延と成形が融合された高精度精密成形機の開発に取り組んで います。